矯正治療の専門クリニック 八戸市の『なかの矯正歯科クリニック』

TEL.0178-72-1666

Neo-Cap.System

IFOCS

診療カレンダー
2018年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

トップページ当院の治療スタンス

新しい矯正治療の紹介

歯科矯正の治療と言うと小児が針金の装置を入れているあれか、と思われるかもしれません。もちろんそれもひとつの側面には違いありませんが…。
日本歯科医師会が推進している運動に
8020運動
と言うのがあります。この運動の真の目的は、一生自分の歯で噛める咀嚼(そしゃく)器官を持つというライフスタイルの確立にあります。
この8020を達成している人の口腔内を検査してみて、非常に興味深い事実が判明しました。それは、これらのご老人の歯並び・かみ合わせは、わずかな不正状態を有している場合はあっても、基本的にはみな正常咬合を有していた のです。
これは、何を意味するのでしょう
不正な咬合状態の人は、8020を達成するのは困難 だと言うことです。さらに不正咬合の人が歯科矯正治療により臨床的正常咬合になることは、8020の必要条件であるともいえます。
このことから、8020のための歯科矯正治療、健康を回復維持するための歯科矯正治療の概念が生まれてきました。
つまり、歯科矯正治療がよりよいライフスタイルを実践するための手段としての役割を
求められているということなのです。

このページの先頭へ

当院の治療スタンス

不正咬合の状態は、患者様のと取り巻く環境・条件によって千差万別です。当院では、患者様の希望を聞きながら一人ひとりに合った治療 を提案するよう心がけています。
そのときにお話させていただくのが、審美性を含めた顎口腔系の調和、特に顎関節とかみ合わせの調和について です。
そのための、解説は十分な時間をとり、また必要であれば2回3回と機会を設けて説明させていただくようにしています。そうして患者様と当院の治療イメージを一致させることを最優先させております。

  • 当院は青森県南部地方では、初めての矯正歯科専門の歯科医院として、平成9年に開院しました。
  • 当院は矯正歯科治療専門の歯科医院であるため、一般の歯科治療(虫歯や入れ歯の治療)は行っておりません。矯正治療以外の歯科治療が必要な場合は、提携医療機関に依頼する体制をとっています。矯正治療のみに特化することで、より充実した矯正治療ができると考えております。
    また、常に矯正歯科治療の研修に努め、かつ最新の治療方法の導入に心がけています。
  • 院長は、大学病院の矯正歯科に10年在籍し、専門的な技術の研修を行ってまいりました。顎変形症(歯の移動だけでは十分な咬合が得られず、外科処置を必要とするような難易度の高い不正咬合)や口唇口蓋裂(先天疾患疾患による歯並びの乱れ)及び顎関節症を有する不正咬合にも対応いたします。
  • 患者様のなかには、顎の関節(耳の穴の1cmぐらい前にあります)のところが、口を開くたびに「カクカク」音がする、ものを食べる時痛くなる、顎の関節のなかで引っかかるような感じがあり開ずらいことがあるなどの顎関節症状を有している場合があります。
    また、咬み合わせが悪いために首・肩こりがする、頭痛がする、片側でしかかめない、しっかりと噛めないなど顎関節のズレに起因する症状をもつ方も非常に多いと感じます。
    このような、症状を有する方で顎関節に問題あれば、矯正治療の前に顎関節を安定化させるための装置(スプリント)を使用していただきます。

このページの先頭へ

青森県八戸市・矯正治療専門の歯科医院 なかの矯正歯科クリニック Neo-Cap.System IFOCS

なかの矯正歯科クリニック

八戸デンタルCTセンター

[所]
〒031-0057
青森県八戸市上徒士町20-1
地図はこちら
[診療科目]
矯正歯科専門
[診療時間]
月・火・金(12:00〜19:00)
土・日(9:00〜17:00)
[休診日]
水・木・祝

ご予約・お問い合わせはTEL.0178-72-1666(完全予約制)

「Neo-Cap.System®」は、医療法人歯徳会光希歯科医院の登録商標です。
「IFOCSロゴ」は、IFOCSが保有する商標です。
当医院は、IFOCS認定医として認められ、これらのロゴマークを使用しています。

このページの先頭へ